↑好評発売中↑

2019.5.6
  春爛漫  

↑好評発売中↑

自然の世界は桜からハナミズキ、そして満開のツツジにバトンタッチ。 お散歩が楽しい花々が最も華やかな季節、連休はいかがお過ごしでしたか?

私はラジオのニューオリンズ・フェスティバル中継にくぎ付けでした(^^)

連休が終わると毎年スケジュールがにぎやかな5月。
さしずめ日本の"Jazz And Heritage Festival" 、春の楽しいジャズ祭りが今週末、永生元伸さんとのDuoコンサート、 Jazz Bar Kelly、久しぶりの福生のJesse Jamesにも出演します。
6月に入ると22回目になるル・クラシックコンサート、「ゆけむりトリオ」九州ツアー、古民家で開かれる「浴衣でJAZZ」などなど、楽しみで目が回りそうです。

花々と共に皆様の心の潤すことができるよう、春爛漫なサウンドでお越しをお待ちしております。

6月2日、私が毎年主催している Le Classiqueコンサート、ご予約くださった皆様、ありがとうございます。例年好評の「トスカケーキ」今年も焼きまーす。お席に限りがありますので、ご希望の方はどうぞお早目にこちらからご予約をお願いいたします。

連休はちょうど"Jazz And Heritage Festival" 真っただ中。インターネットで現地のラジオ局WWOZの中継や、ジャズフェスを訪れている友人のSNS投稿で、現地気分に浸れるありがたさ!ライブ中継はやはり臨場感たっぷりで心にズンズン響きます。
新しい音や組み合わせを発見することもあれば、見慣れた名前がないことに気づき、時間は流れていくのだということも、感じます。
ミュージシャンには体が動く限り演奏を続ける以外にない!と気持ちを新たにする、私にとってはお正月みたいな時期なのでした。

4月7日に開かれた「トニープレゼンツライブ」。
Tony さんは日本でトラッドジャズに出会って人生が本当に豊かになった、だから何か恩返しをしたい、と仰って、ジャズを愛する方を無料でご招待、というコンサートを続けていらっしゃいます。素敵だな〜。私も宝くじが当たったらこういうことをやりたい!!と思っちゃいます。

ニューオリンズではチャージを取らないお店も多くて(その分ちょっと飲み物が高い)、私たちは演奏すると逆に飲み物を頂いたりしていました。上質なライブに身近に気軽に触れることができる環境って、とてもうらやましいな〜といつも思います。
人々は自分が楽しんだ分、そしてこの後もこういう音楽シーンが続いてくれるように、とTIPを入れていきます。 日本もこのごろこういう感覚が根付いてきてますね。嬉しいな。ピアノバーナツコ、KELLY とも良いお客さまに恵まれて、ありがたく気持ちよく演奏させていただいてます。