↑好評発売中↑

2019.12.6
  今年もありがとうございました  

↑好評発売中↑

12月に入ってぐっと冬らしく,師走らしくなってきました。クリスマスのイルミネーションも、やっと出番という感じですね。

トラッドジャズフェス、YOKOさんやNORI君とのコラボライブ、そしてバースデイジャム、今年も盛りだくさんの11月を過ごし、音楽を通して人と触れ合うことはどうしてこんなに力強いエネルギーを与えてくれるんだろう?と改めて感謝の気持ちに包まれています。

いよいよ今年もあとひと月、皆さまの忙しいひと時にポッとライトがともるような、温かいひとときをお届けしてまいります。
どうぞ足をお運びください。

新宿トラッドジャズフェスティバル、今年も沢山の方にお運びいただきありがとうございました。九州男のジャムセッションもベテランの方々から若いミュージシャンまで沢山集まってくださり、素晴しいひと時でした。新しい才能に出会う楽しさ、ベテランの方々の音楽への深く、人生を映し出す愛情、新たな出会いで生まれるサウンド、空気、この時ならではの豊かな音楽空間に、幸せにたゆたっておりました。
最高のフェスティバルです!!
月末はバースデイのジャム、こちらも皆さんの心のこもった演奏で、幸せに年を重ねました。感謝でございます。

シカゴからYOKOさん、ニューヨークからNORI君。それぞれの土地の香りとそこに凝縮された歴史と精神を運んでくれるミュージシャンとの共演は刺激的で、イマジネーションを呼び起こしてくれます。そこにビビっと反応してまた新しい一手を繰り出してくる共演者たち、いいミュージシャンと一緒にやっている楽しみが弾けます。
YOKOさんと一緒に来日したSAMさん、スイスからシカゴに住み着いてしまったそうで、こちらも素晴らしいサックスでした。「私たちはブルースの虫に噛まれた」YOKOさん談。いい言葉だねえ。ミュージシャンはみんな何かに噛まれて始まるんでしょうね。私はもちろん、ニューオリンズの虫。いや、ワニか?

「たびコト塾」3回の講座、無事終了しました。知っているつもりだったニューオリンズのこと、マルディグラや料理、歴史のことなど、改めて整理してみると新しい発見も沢山。様々なルーツの人々が少しずつ歩み寄り、摩擦を乗り越え、文化を作り上げていく過程は驚きに満ちたもの。日本との違いもまた興味深く、お互いの持つ素晴らしさが、お互いの悩みの解決のヒントを持っていると感じます。まだ知らないニューオリンズを知る長〜い旅は、まだまだ続きそうです。

ニューオリンズジャズの素晴らしいバンジョー奏者、日向義樹さんが新宿トラッドジャズフェスティバルが終わるのを見届けるように、旅立たれました。ご冥福をお祈りいたします。
http://atalk.seesaa.net/article/471728107.html