↑好評発売中↑

2019.7.24
  やっと来るか、夏!  

↑好評発売中↑

今年の長梅雨、湯けむりツアーの最終日、雨の熊本空港を発ってこちらに戻ってからほとんどお日様の姿を見た覚えがありません。
さすがにちょっとしおれてきちゃいますね。太陽の力の偉大さを、改めて思う日々。
とはいえ、去年みたいに35℃の海の日、もなかなかタフでしたから、今年はやって来る暑さをわ〜〜い!と楽しめるように体力を温存できてるのかも。
「晴れの日は枝が伸び、雨の日は根が伸びる」
雨の音をパーカッション代わりにピアノを奏でるのも、一興です。

さて、そんな梅雨もそろそろ明けそうです。
この週末は1週間ほどライブはお休みして、いろいろと整理したり、ボケっとしたり、お料理作ったり、次の音楽の栄養を蓄える予定ですので、少々早めに8月号をお届けします。

月末のトリオライブを皮切りに、博多からのボーカルトリオ「コットンシスターズ」との共演で夏が始まります。

そして!9月に阪急交通社の「たびコト塾」でニューオリンズ紹介の講座をやらせていただくことになりました。スライドやミニライブを交え、32年分のニューオリンズ愛をこめて、街の魅力をたっぷりお伝えいたしますので、ぜひ足をお運びくださいね。

それではどうぞ素敵な夏を!ビールで乾杯できるのを楽しみにお待ちしていまーす。

久しぶりに銀座スイングでニューオリンズ仲間、中村好江(tp) ちゃん、みのみや俊介(ds)君と共演。なんでしょうねえ、このユルさ、くすぐられるようなユーモア。次に起こることは予想せず、名手真人さん&海ちゃんも一緒にゆらゆら、音楽という名の時間の流れ。演者も聴き手も「そのままでいいんだよ」って言ってもらっているような音楽ってとてもとても深く、心が満たされて癒されます。
音楽は幸せになるために奏で、聞くものだな、と。分かっちゃいるけど忘れがちな、忙しい世の中に生きてるもんですな。

ここしばらく、ニューオリンズから立て続けにLegendsの旅立ちのニュースが届いて、さすがにちょっとしょんぼり。 Dr. john, Dave Bartholomew, Art Neville....ニューオリンズに通い始めたころ、ジャズフェスのトリを飾っていた素晴らしいミュージシャンたち。
天に帰ってしまうのは寂しいけど、出会うことができた幸運を何度もかみしめています。彼らの音楽を知らなかったら、私は違う自分になっていたに違いないから。

選挙を機に、日本国憲法前文を読み返して何だか涙が出てきました。
「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 」心の中に、必ずとどめておきたい、 清々しく力強い言葉。
”What A Wonderful World ” ”Make A Better World” 沢山の歌が語ってきた、どんなに僅かずつでも、素晴しい世界に近づいていくように、祈ること、奏でること、手を差し出すことを続けていきたいな、と思います。
http://kawamoto.com/kenpo.htm